相談木村

日本はサラリーマン社会と言われ、労働人口の約8割を会社員が占めています。八戸シティ法律事務所では、離婚に関する多数のご相談・ご依頼を取り扱っていますが、依頼者または相手方の一方、あるいは双方が会社員というケースは非常に多いです。

一口に会社員の離婚と言っても、それぞれのご夫婦の状況はケースバイケースです。離婚に至る原因、子どもの有無・人数、財産や収入の状況など、個々のご夫婦の状況を踏まえたうえで、離婚問題の解決を目指していく必要があります。そのため、離婚問題をご相談・ご依頼されるのであれば、多種多様な離婚案件に対応してきた経験豊富な弁護士を選ぶべきです。

離婚を考えたとき、押さえるべきポイントは、おおむね次の8つです。

【離婚に関すること】
①相手方が離婚に同意しているか。
【子どもに関すること】
②未成年の子がいる場合、親権者を夫と妻のどちらにするか。
③養育費はいくらになるか。
④子どもとの面会交流はどうするか。
【お金に関すること】
⑤財産分与。
⑥慰謝料。
⑦年金分割。
⑧婚姻費用分担請求。

このように、離婚に当たっては、それぞれのご夫婦の状況を踏まえつつ、多くの問題を同時並行的に考えて対処していかなければなりません。まずは、離婚問題に詳しい弁護士にご相談いただいた方が安心です。また、ご自身での対応に不安がある場合などには、弁護士にご依頼いただくこともご検討ください。

八戸シティ法律事務所では、離婚に関する多数のご相談・ご依頼実績があります。離婚問題でお困りでしたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。様々な離婚案件を数多く解決してきた経験豊富な弁護士が、親身になって対応させていただきます。

会社員の離婚に関する解決事例はこちらから

解決事例
40代の男性が、約3か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
40代の男性が、妻から400万円の財産分与を請求されたのに対し、100万円の支払(300万円の減額)に収めた事案(協議離婚)
20代の男性が、不倫・浮気をした妻と、不倫・浮気相手の男から、合計240万円の慰謝料を獲得した事案(協議離婚)
不倫・浮気をした20代の女性が、夫から慰謝料だけで500万円を請求されたのに対し、財産分与を含めて合計250万円の支払に収めた事案(協議離婚)
20代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
40代の男性が、妻から2400万円の財産分与と300万円の慰謝料を請求されたのに対し、合計300万円の支払(2400万円の減額)に収めた事案(調停離婚)
30代の女性が、夫から180万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
20代の男性が裁判で離婚を成立させた事案(裁判離婚)
30代の男性が、2回の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
30代の女性が、住宅ローンの連帯保証人から外れたうえで、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
30代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
30代の女性が、2回目の調停期日(依頼から4か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
40代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
30代の男性が、妻から慰謝料150万円を請求されたのに対し、慰謝料なしで離婚を成立させた事案(調停離婚)
60代の女性が、1か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
30代の女性が、不倫・浮気をした夫と相手の女性から合計200万円の慰謝料を獲得した事案(協議離婚)
20代の女性が、暴力を振るった夫から200万円の慰謝料を獲得した事案(調停離婚)
60代の男性が、財産分与などで多額の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(調停離婚)
20代の女性が、2回目の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
40代の女性が、2回目の調停期日(依頼から2か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
30代の女性が、ご依頼から3か月で離婚を成立させた事案(協議離婚)
30代の女性が、子どもとの面会交流の取り決めをするなどして離婚を成立させた事案(調停離婚)
50代の男性が、妻から財産分与について1000万円を請求されたのに対し、100万円の支払に収めた事案(協議離婚)
20代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計200万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
20代の男性が、2回目の調停期日で妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
30代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計500万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
30代の女性が、不倫・浮気をした夫から、合計220万円の慰謝料を支払わせる条件で解決した事案(調停離婚)
30代の男性が、妻から不倫・浮気の慰謝料として500万円を請求されたのに対し、解決金100万円の支払に収めた事案(調停離婚)
40代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの養育費等の金銭要求を適正な金額に抑えた事案(協議離婚)
30代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの300万円余りの金銭請求(慰謝料および財産分与)に対し、40万円の解決金(260万円以上の減額)の支払に収めた事案(調停離婚)
40代の男性が、子らに対して虐待をしていた元妻の申し立てた面会交流調停で、面会交流を実施しないことで解決した事案(面会交流調停)
30代の女性が、不倫・浮気をした夫から200万円の慰謝料を獲得し、ご依頼から4か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)
20代の女性が、夫が子どもの親権を主張してきたのに対し、離婚訴訟で親権を獲得した事案(裁判離婚)
30代の女性が、夫から不倫・浮気による慰謝料として200万円を獲得し、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
40代の男性が、計算上の財産分与の金額が約800万円のところ、400万円の支払に抑える内容で合意した事案(調停離婚)
30代の女性が、不倫・浮気をした夫と相手方の女性から合計250万円の慰謝料を獲得し、ご依頼から3か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)