事案内容:慰謝料
依頼者:20代の女性(会社員)
相手方:会社員の男性
結婚歴:2年
子ども:なし

1 夫婦の状況

依頼者は、不倫・浮気をしていることが夫にばれてしまい、それが原因で別居状態となりました。

2 相談・依頼のきっかけ

離婚の話し合いが進まず、難航していたことから、第三者の専門家に対応してもらいたいと、当事務所にご相談のうえ、協議離婚のご依頼をいただきました。

3 当事務所の活動

当事務所が介入すると、夫もすぐに弁護士に依頼し、弁護士同士の話し合いとなりました。夫からは、「離婚には同意するが、慰謝料500万円を請求する」との意向が示されました。当事務所は、慰謝料の請求額が相場を大きく超える金額であったことから、減額を求めて交渉しました。

4 当事務所が関与した結果

交渉の結果、ご依頼いただいてから約3か月で、別居時に依頼者が保有していた預金約100万円の財産分与を含めて、合計250万円を支払うことで協議離婚が成立しました。相場どおりの支払金額での解決に成功しました。

5 解決のポイント(所感)

ご依頼いただいてから約3か月でのスピード解決ができたうえ、支払金額もお客様のご希望の範囲内に収めることに成功しました。この結果に、お客様は大変満足しておられました。

6 お客様の声

早期解決できまして大変感謝しております。
ありがとうございました。


※クリックすると拡大されます。