会議室

ここでは、慰謝料や財産分与など、離婚にまつわるお金の問題について解説させて頂きます。

慰謝料とは

弁護士木村哲也

「夫の暴力が原因で離婚になったのだから、慰謝料をもらいたい」
「浮気をした夫に慰謝料を請求したい」
「不倫をした妻に慰謝料を請求したい」

など、慰謝料についてのご相談は多くあります。
>>>慰謝料の詳細はこちら

財産分与

弁護士山口龍介

「夫の浮気が原因で離婚になったのだから、財産はできるだけ多くもらいたい」
「離婚後の生活を考えると今住んでいる家だけは絶対にほしい」
「自分が経営している会社の株だけは取られたくない」
「今の財産は自分が築いてきたものなので、妻には渡したくない」

など、財産分与についてトラブルになることも少なくありません。
>>>財産分与の詳細はこちら

養育費について

会議室

「離婚後の生活を考えると、子どもの養育費が不安。」「養育費っていくらぐらいが適切なの?」

など、当事務所には、養育費に関するご相談も多く寄せられます。

養育費とは、子どもが社会人として自立するまでに必要となる費用です。衣食住の経費や教育費、医療費、娯楽費など、自立するまでに必要となるすべての費用を養育費と呼んでいます。
>>>養育費の詳細はこちら

婚姻費用について

ビル外観

「別居を検討しているが、生活費が不安」
「夫の収入で生活していたので、別居後の生活維持がとても大変」

といったご相談をよくいただきます。

離婚の協議中、調停中、訴訟中であったとしても、夫婦はお互いが同程度の生活を続けられるように、お互いを扶養する義務があります。

どちらか一方の収入が少ない場合には、収入の多い側から少ない側に生活費を支払うように要求する権利があり、これを婚姻費用分担請求権と言います。
>>>婚姻費用の詳細はこちら

強制執行

弁護士山口龍介

「離婚時に決めた慰謝料が払われない」
「最近養育費の振込みがなくなった」

など、離婚時に決めた約束が守られずに困っているというご相談が少なくありません。

約束通りに慰謝料や養育費などが支払われない場合に、強制的に相手の給料や財産を差し押さえ、支払を実行させることができます。これを強制執行と呼びます。
>>>強制執行の詳細はこちら

公的扶助

社名プレート

「今まで専業主婦(夫)だったので離婚後の生活が心配」
「どのような社会保障制度があるのかわからない」

離婚後の生計をどう立てていくかというのは大きな問題です。

特に、専業主婦(夫)だった場合には、離婚後の生活に不安をもたれる方が多くいらっしゃいます。

このように、離婚によって母子(父子)家庭になり、経済的に苦しくなってしまう方を援助する制度がいくつかあります。
>>>公的扶助の詳細はこちら

離婚後の医療保険

法律相談

「今までは夫の健康保険に加入していたけど、離婚後はどうなるの?」
「子どもの親権と医療保険の関係は?」

離婚後には様々な手続変更をする必要がありますが、その一つに医療保険の手続があります。
>>>離婚後の医療保険の詳細はこちら

離婚問題におけるお金の問題についてはこちらもご覧下さい

 ●慰謝料とは
 ●財産分与
 ●養育費
 ●婚姻費用
 ●強制執行
 ●公的扶助
 ●離婚後の医療保険