弁護士山口龍介

よく、弁護士に相談をするタイミングが分からないというご相談を頂くことがございます。

弁護士には、どの段階からでも依頼をすることは可能ですが、弁護士に依頼するには費用が発生します。

そこで、八戸シティ法律事務所では、ご相談を通じて把握した状況に合わせて、個別に最適なサービスメニューをご提案させて頂いております。

例えば、既に夫と離婚についての合意はしているが、取り決めた条件をきちんとした文書で残しておきたいと考えている方には、「離婚協議書作成」のサポートサービスをお勧めさせて頂いております。

また、夫と離婚の合意はしているが、夫が怖く、面と向かって条件などの話をしたくないという方には、協議段階から当事務所の弁護士が代理人として条件交渉などの対応をするプランをご提案させて頂きます。

このように、ご相談を頂いた状況に合わせ、スムーズな離婚問題の解決に向けた最適なサポートプランをご提案させて頂きます。
→八戸シティ法律事務所の離婚サポートの内容はこちら

注意が必要になるのは、『調停段階』の場合です。

調停段階では、一見すると、弁護士に依頼せずとも自分ひとりでなんとかできそうだと思われるご相談者の方もいらっしゃいます。

しかし、調停離婚を行った経験があるという方はほとんどおらず、調停委員が暗に示唆していることを十分に理解することができないという場合も多いのが実情です。また、調停委員の不適切な発言を鵜呑みにしてしまうというケースも往々にして見られます。

八戸シティ法律事務所では、費用はかかりますが、スムーズな問題解決を目指すためにも、調停段階においてもきちんと弁護士に代理人の依頼をすることをお勧めします。

1日でも早くすっきりとした明るい生活を取り戻したいという方は、まずはお気軽にご相談下さい。