事案内容:離婚
依頼者:20代の男性(会社員)
相手方:30代の女性(会社員)
結婚歴:2年
子ども:なし

1 夫婦の状況

依頼者は、妻の金銭関係のトラブルに巻き込まれるなどして、妻から逃げるように家を出て別居状態となりました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、早々に妻と離婚し、完全に縁を切ることを希望して、当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、まずは妻宛てに離婚の話し合いを求める書面を郵送しました。しかし、妻がこれにまったく応答しなかったため、当事務所の弁護士は速やかに離婚調停を申し立てました。

4 当事務所が関与した結果

離婚調停になった段階で、妻も弁護士を立てて臨んできました。1回目の調停期日で、妻の側は「まだ離婚を迷っている」などと答弁しましたが、当事務所の弁護士は妻の有責性を強調して、離婚を認めない場合にはすぐに訴訟に移行するという強い態度で臨みました。その結果、妻の側は2回目の調停期日までに離婚に応じるという意向を示し、調停申立てから約3か月で、妻と夫の側でお互いに債権債務なし(お互いに金銭その他の請求をしないこと)とする条件での調停離婚が成立しました。これをもって、依頼者が希望していた妻との離婚と、妻との縁を切ることが実現しました。

5 解決のポイント(所感)

本件では、妻の金銭関係のトラブルで依頼者が大きな実害を被っていたこともあり、慰謝料などを請求していく方針も考えられました。しかし、妻の資力が十分ではないと考えられたことや、早期に離婚して縁を切ることを優先すべき事案であると考えられたことなどを踏まえて、依頼者との協議の上で、妻と夫の側でお互いに債権債務なしを条件とする離婚で進める方針を取り、早期解決に至りました。

6 お客様の声

親切で大変力強い味方になってくれて感謝しています。

アンケート51
※クリックすると拡大されます。