弁護士山口龍介

前回は、離婚調停を弁護士に依頼するメリットについて、主に調停委員との話し合いの面、精神的負担の面からのお話をさせていただきました。今回は、書類作成や、調停後を見据えたときのメリットについてお話いたします。

いざ、離婚調停を起こすとなると、調停の申立書、裁判所からの照会に対する回答書、事情説明書等を作成し、その他事案に応じた必要書類を漏れなく集めて提出する必要があります。例えば、相手方が不倫・浮気をした証拠があるような場合には、証拠も提出することになります。

調停を起こしてからも、親権が争いとなる事案では子の監護に関する陳述書の作成、財産分与が争点となっている事案では婚姻関係財産一覧表などの作成が必要になります。この他にも、事案に応じて、裁判所から書類の作成を求められることがあります。

自分で調停を起こす場合(本人申立てといいます)には、こうした書類を作成して裁判所に提出する作業をすべて自分でやらなければなりません。しかし、弁護士に離婚調停を依頼すれば、依頼した弁護士にこれらの仕事を任せることができます。

また、離婚調停で話し合いがまとまらず、調停不成立に終わった場合、決着を付けるためには、裁判を行わなければなりません。離婚の裁判では、法律上の離婚の要件を踏まえて事実関係を整理し、書面にまとめる作業が不可欠となります。また、相手方が事実関係を認めない場合には、証拠を提出して自身が主張する事実関係を証明する必要があります。

こうした離婚の裁判を自分だけでやり遂げるのは非常に難しいので、弁護士に依頼することを強くお勧めします。このとき、調停段階から弁護士が付いていれば、話し合いの経緯を把握しているので、スムーズに裁判に移行することができます。

また、弁護士が付いていれば、調停段階から、訴訟でも通用する弁護活動を行うことができます。調停段階においても、裁判で通用するレベルの書面と、事実関係の裏付けとなる証拠が提出されていた方が、裁判所が状況を把握しやすくなり、話し合いが円滑に運びやすくなります。

気になるのは、実際に、離婚調停に弁護士を付けている方がどのくらいいるかです。2015年の夫婦関係調整調停における弁護士受任割合は、全事件の43.9%にのぼりました。全体の約半数の調停で、弁護士が付いているということです。

しかも、この割合は年々増えています。2006年にはこの割合は22.9%でした。2015年に43.9%ですから、10年足らずで、ほぼ2倍になったことになります。今後も、離婚調停に弁護士が付く割合は増えていくものと思われます。これは、多くの方が弁護士を付けるメリットを感じていることの現れといえるでしょう。

離婚調停は、裁判所の関与する手続であり、調停で決まった条項は、原則として、後から変えることができません。調停で失敗しないためにも、離婚調停をお考えの方は、専門家の弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

(弁護士・山口龍介)

八戸シティ法律事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧ください。

No 年月日 コラム
1 2015年3月10日 親権者を決める際は慎重に(弁護士・木村哲也)
2 2015年3月10日 親権者と監護権者を分けるという考え方は基本的に誤りです。(弁護士・木村哲也)
3 2015年3月10日 裁判官は実際のところどうやって親権を決めるの?(弁護士・山口龍介)
4 2015年3月10日 婚姻費用の分担請求をご存知ですか?(弁護士・山口龍介)
5 2015年4月1日 不倫・浮気の証拠となるメールを発見したときの対処法(弁護士・木村哲也)
6 2015年4月1日 子どもとの面会交流を諦めていませんか?(弁護士・木村哲也)
7 2015年5月13日 録音した音声は訴訟(裁判)で証拠として使えるか?(弁護士・木村哲也)
8 2015年5月20日 不倫・浮気のケースにおける秘密録音のポイント(弁護士・木村哲也)
9 2015年5月27日 「結婚するなら年末にしろ」「離婚するなら正月にしろ」(弁護士・木村哲也)
10 2015年6月1日 産後クライシスについて(弁護士・山口龍介)
11 2016年1月6日 相談料は初回無料です。お気軽にご相談ください。(弁護士・木村哲也)
12 2016年2月2日 ダイエットとエクササイズ(弁護士・木村哲也)
13 2016年3月2日 3月は離婚の季節です。(弁護士・木村哲也)
14 2016年4月1日 髪は2週間に1回切ります。(弁護士・木村哲也)
15 2016年9月28日 長期間別居している方の離婚について(弁護士・木村哲也)
16 2017年6月7日 離婚調停を弁護士に依頼するメリット①(弁護士・山口龍介)
17 2017年6月12日 離婚調停を弁護士に依頼するメリット②(弁護士・山口龍介)
18 2017年8月4日 面会交流への寛容性は、親権者判断にどの程度影響してくるのか?親権が争われた裁判で、父親が逆転敗訴した事件から見える親権者判断の現状。(弁護士・三上大介)
19 2017年10月11日 小さいお子様をお連れの方も、安心して当事務所をご利用ください。(キッズスペースのご案内)(弁護士・木村哲也)
20 2017年10月31日 不倫慰謝料問題に特化した専門サイトを開設しました。(弁護士・木村哲也)