弁護士木村哲也

前回のコラムでは、「録音した音声は訴訟(裁判)で証拠として使えるか?」というテーマで、会話や電話の録音は、盗聴や暴力・脅迫などを用いて得たものでなければ、訴訟で証拠として使えるということをご説明させていただきました。

会話などの当事者が相手方に無断で録音することを「秘密録音」と言いますが、暴力・脅迫などを用いるのでなければ、特に問題はないのです。

さて、不倫・浮気のケースですと、配偶者や不倫・浮気相手との会話などを秘密録音し、会話などの中で不倫・浮気の事実を認めさせて、証拠として確保することが考えられます。確かに、この秘密録音に成功すれば、非常に強力な証拠となることでしょう。

そこで、このような秘密録音を試みる場合に、押さえていただきたいポイントをご紹介します。まずは、録音する会話などの中に、肉体関係があった事実を認めさせる内容を含めることです。これは当然のことです。

そして、肉体関係があった時点で、不倫・浮気相手が既婚の事実を知っていたことを示す内容を含めることも重要です。これは、不倫・浮気相手に対する慰謝料請求が認められるためには、肉体関係があった時点で不倫・浮気相手が既婚の事実を知っていたこと、あるいは注意すれば既婚の事実を知り得たと言えることが必要であるからです。すなわち、不倫・浮気相手が「彼が既婚者だなんて、夢にも思いませんでした」と主張し、これを覆せないと、不倫・浮気相手に対して慰謝料を請求することができないのです。はじめのうちは既婚の事実を知っていたと認めながら、後々になって知らなかったと言い始めることも想定されますので、注意が必要です。

そこで、配偶者との会話などにおいては「彼女と肉体関係を持つ前に、結婚していることは彼女に言っていたんだよね?」「うん」、不倫・浮気相手との会話などにおいては「主人と肉体関係を持つ前から、主人が既婚者だと知っていたんですよね?」「はい」などのやり取りをして、しっかり録音しておくのです。

このように、ポイントを押さえた隙のない証拠収集をすることが大切です。

(弁護士・木村哲也)

八戸シティ法律事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧ください。

No 年月日 コラム
1 H27.3.10 親権者を決める際は慎重に(弁護士・木村哲也)
2 H27.3.10 親権者と監護権者を分けるという考え方は基本的に誤りです。(弁護士・木村哲也)
3 H27.3.10 裁判官は実際のところどうやって親権を決めるの?(弁護士・山口龍介)
4 H27.3.10 婚姻費用の分担請求をご存知ですか?(弁護士・山口龍介)
5 H27.4.1 不倫・浮気の証拠となるメールを発見したときの対処法(弁護士・木村哲也)
6 H27.4.1 子どもとの面会交流を諦めていませんか?(弁護士・木村哲也)
7 H27.5.13 録音した音声は訴訟(裁判)で証拠として使えるか?(弁護士・木村哲也)
8 H27.5.20 不倫・浮気のケースにおける秘密録音のポイント(弁護士・木村哲也)
9 H27.5.27 「結婚するなら年末にしろ」「離婚するなら正月にしろ」(弁護士・木村哲也)
10 H27.6.1 産後クライシスについて(弁護士・山口龍介)
11 H28.1.6 相談料は初回無料です。お気軽にご相談ください。(弁護士・木村哲也)
12 H28.2.2 ダイエットとエクササイズ(弁護士・木村哲也)
13 H28.3.2 3月は離婚の季節です。(弁護士・木村哲也)
14 H28.4.1 髪は2週間に1回切ります。(弁護士・木村哲也)
15 H28.9.28 長期間別居している方の離婚について(弁護士・木村哲也)
16 H29.6.7 離婚調停を弁護士に依頼するメリット①(弁護士・山口龍介)
17 H29.6.12 離婚調停を弁護士に依頼するメリット②(弁護士・山口龍介)
18 H29.8.4 面会交流への寛容性は、親権者判断にどの程度影響してくるのか?親権が争われた裁判で、父親が逆転敗訴した事件から見える親権者判断の現状。(弁護士・三上大介)
19 H29.10.11 小さいお子様をお連れの方も、安心して当事務所をご利用ください。(キッズスペースのご案内)(弁護士・木村哲也)
20 H29.10.31 不倫慰謝料問題に特化した専門サイトを開設しました。(弁護士・木村哲也)
21 H30.9.18 DVの被害に遭われた方へ(弁護士・木村哲也)