弁護士木村哲也

未成年の子どもがいる場合は、親権者を決めなければ、離婚をすることができません。

親権者を決める際は、慎重に判断するようにしてください。相手方から「親権を渡さなければ、離婚に応じない」と言われたとか、相手方から脅迫されたとかで、親権者を相手方に定めて離婚をしてしまい、後悔する例が少なくありません。 未成年の子どもがいる場合は、親権者を決めなければ、離婚をすることができません。

親権者を決める際は、慎重に判断するようにしてください。相手方から「親権を渡さなければ、離婚に応じない」と言われたとか、相手方から脅迫されたとかで、親権者を相手方に定めて離婚をしてしまい、後悔する例が少なくありません。

一旦親権者を相手方に定めて離婚をしたあとで、相手方は親権者として問題があるとか、本当は自分こそが親権者として相応しいとか主張して、親権者の変更を相手方に要求しても、応じてもらえることはまずありません。そして、親権者の変更は、必ず家庭裁判所の調停・審判の手続によって行う必要があるのですが、なかなか認められないのが現実です。

当事務所でも、親権者の変更についてご相談いただくことがありますが、「親権者の変更を勝ち取ることは難しい」と答えざるを得ないことが大半です。子どもの親権者は、一度決めてしまうと、ほとんど変更は無理だと理解してもらった方が良いと思います。

また、「インターネットで、親権者と監護権者を分けることができると書いてあった。親権者はダメでも、監護権者になれないか」と苦し紛れの解決を口にされる方もいますが、これが認められることはまずありません。

離婚の際に親権者をどちらに決めるかは、子どもの一生に関わる重要な判断です。安易に考えてはいけません。離婚するにあたって親権が争われている場合は、まずは弁護士にご相談されることをお勧めします。

(弁護士・木村哲也)

八戸シティ法律事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧ください。

No 年月日 コラム
1 H27.3.10 親権者を決める際は慎重に(弁護士・木村哲也)
2 H27.3.10 親権者と監護権者を分けるという考え方は基本的に誤りです。(弁護士・木村哲也)
3 H27.3.10 裁判官は実際のところどうやって親権を決めるの?(弁護士・山口龍介)
4 H27.3.10 婚姻費用の分担請求をご存知ですか?(弁護士・山口龍介)
5 H27.4.1 不倫・浮気の証拠となるメールを発見したときの対処法(弁護士・木村哲也)
6 H27.4.1 子どもとの面会交流を諦めていませんか?(弁護士・木村哲也)
7 H27.5.13 録音した音声は訴訟(裁判)で証拠として使えるか?(弁護士・木村哲也)
8 H27.5.20 不倫・浮気のケースにおける秘密録音のポイント(弁護士・木村哲也)
9 H27.5.27 「結婚するなら年末にしろ」「離婚するなら正月にしろ」(弁護士・木村哲也)
10 H27.6.1 産後クライシスについて(弁護士・山口龍介)
11 H28.1.6 相談料は初回無料です。お気軽にご相談ください。(弁護士・木村哲也)
12 H28.3.2 3月は離婚の季節です。(弁護士・木村哲也)
13 H28.9.28 長期間別居している方の離婚について(弁護士・木村哲也)
14 H29.6.7 離婚調停を弁護士に依頼するメリット①(弁護士・山口龍介)
15 H29.6.12 離婚調停を弁護士に依頼するメリット②(弁護士・山口龍介)
16 H29.8.4 面会交流への寛容性は、親権者判断にどの程度影響してくるのか?親権が争われた裁判で、父親が逆転敗訴した事件から見える親権者判断の現状。(弁護士・三上大介)
17 H29.10.11 小さいお子様をお連れの方も、安心して当事務所をご利用ください。(キッズスペースのご案内)(弁護士・木村哲也)
18 H29.10.31 不倫慰謝料問題に特化した専門サイトを開設しました。(弁護士・木村哲也)
19 H30.9.18 DVの被害に遭われた方へ(弁護士・木村哲也)