ここでは、八戸シティ法律事務所が解決した事例の一部のうち、調停離婚の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 20代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
2 70代の男性が、妻から約2000万円の預貯金等の財産分与と慰謝料を請求されたのに対し、350万円の支払に収めた事案(調停離婚)
3 40代の男性が、ご依頼から3か月足らずで調停離婚を成立させた事案(調停離婚)
4 30代の男性が、妻から130万円の財産分与を請求されたのに対し、20万円の支払に収めた事案(調停離婚)
5 30代の女性が、夫から不倫・浮気を疑われて100万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(調停離婚)
6 40代の男性が、妻から2400万円の財産分与と300万円の慰謝料を請求されたのに対し、合計300万円の支払(2400万円の減額)に収めた事案(調停離婚)
7 30代の女性が、異常行為を繰り返す夫と離婚した事案(調停離婚)
8 30代の女性が、夫から338万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
9 30代の女性が、夫から180万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
10 30代の男性が、2回の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
11 30代の女性が、夫から583万円に相当する財産分与を獲得した事案(調停離婚)
12 30代の女性が、2回目の調停期日(依頼から4か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
13 30代の男性が、妻から慰謝料150万円を請求されたのに対し、慰謝料なしで離婚を成立させた事案(調停離婚)
14 20代の女性が、暴力を振るった夫から200万円の慰謝料を獲得した事案(調停離婚)
15 60代の男性が、財産分与などで多額の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(調停離婚)
16 20代の女性が、2回目の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
17 40代の女性が、2回目の調停期日(依頼から2か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
18 30代の女性が、子どもとの面会交流の取り決めをするなどして離婚を成立させた事案(調停離婚)
19 20代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計200万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
20 50代の男性が、ご依頼からわずか3か月で、10年間も別居状態にあった妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
21 20代の男性が、2回目の調停期日で妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
22 30代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計500万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
23 30代の男性が、6年以上も別居していた妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
24 30代の女性が、2年以上も膠着状態だった離婚問題に決着を付けた事案(調停離婚)
25 30代の女性が、不倫・浮気をした夫から、合計220万円の慰謝料を支払わせる条件で解決した事案(調停離婚)
26 30代の男性が、自分だけではうまく進められなかった調停を弁護士への依頼によって成立させた上、養育費の支払額を妻の請求額から大幅に引き下げた事案(調停離婚)
27 30代の男性が、妻から不倫・浮気の慰謝料として500万円を請求されたのに対し、解決金100万円の支払に収めた事案(調停離婚)
28 30代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの300万円余りの金銭請求(慰謝料および財産分与)に対し、40万円の解決金(260万円以上の減額)の支払に収めた事案(調停離婚)
29 30代の女性が、不倫・浮気をした夫から200万円の慰謝料を獲得し、ご依頼から4か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)
30 40代の男性が、約10年間も別居状態の離婚問題に決着を付けた事案(離婚調停)
31 40代の男性が、計算上の財産分与の金額が約800万円のところ、400万円の支払に抑える内容で合意した事案(調停離婚)
32 30代の女性が、不倫・浮気をした夫と相手方の女性から合計250万円の慰謝料を獲得し、ご依頼から3か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)
33 30代の男性が、ご依頼から2か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)
34 40代の男性が、別居中の妻から子どもの監護者指定や、子どもの引渡しを申立てられたのに対し、子どもの引渡しを阻止した上で、調停離婚で子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)