ここでは、当事務所が解決した事例の一部のうち、依頼者が40代の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 40代の男性が、約3か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
2 40代の男性が、妻から400万円の財産分与を請求されたのに対し、100万円の支払(300万円の減額)に収めた事案(協議離婚)
3 40代の男性が、ご依頼から3か月足らずで調停離婚を成立させた事案(調停離婚)
4 40代の男性が、妻から2400万円の財産分与と300万円の慰謝料を請求されたのに対し、合計300万円の支払(2400万円の減額)に収めた事案(調停離婚)
5 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫から300万円の慰謝料を請求されたのに対し、150万円の支払(150万円の減額)に収め、分割払いの合意をした事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
6 40代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
7 40代の男性が、養育費減額調停で養育費を月額4万円から月額1万8000円に減額した事案(養育費減額調停)
8 40代の男性が、妻から暴言・暴力および借金・浪費を理由として300万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(裁判離婚)
9 不倫・浮気をされて離婚に至った40代の女性が、元夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
10 40代の女性が、2回目の調停期日(依頼から2か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
11 40代の女性が、夫からの300万円の慰謝料請求に対して、支払額0円で裁判離婚を成立させた事案(裁判離婚)
12 40代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの養育費等の金銭要求を適正な金額に抑えた事案(協議離婚)
13 40代の男性が、子らに対して虐待をしていた元妻の申し立てた面会交流調停で、面会交流を実施しないことで解決した事案(面会交流調停)
14 40代の男性が、元妻から親権者変更の審判などを申し立てられたのに対し、子ども2人の親権者変更を阻止して家族の生活の平穏を守った事案(親権者変更)
15 40代の男性が、約10年間も別居状態の離婚問題に決着を付けた事案(離婚調停)
16 40代の男性が、計算上の財産分与の金額が約800万円のところ、400万円の支払に抑える内容で合意した事案(調停離婚)
17 40代の女性が、不倫・浮気をした夫から、200万円の慰謝料と130万円の財産分与などを獲得した事案(裁判離婚)
18 40代の男性が、別居中の妻から子どもの監護者指定や、子どもの引渡しを申立てられたのに対し、子どもの引渡しを阻止した上で、調停離婚で子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
19 40代の男性が、有責配偶者からの離婚請求であるものの、離婚調停を提起して離婚の合意を成立させた事案(調停離婚)
20 40代の男性が、養育費減額調停で、養育費を月額6万円から月額4万円に減額し、かつ、支払いの終期を22歳から18歳へと短縮した事案(養育費減額調停)