ここでは、八戸シティ法律事務所が解決した事例の一部のうち、裁判離婚の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 30代の男性が子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
2 20代の男性が裁判で離婚を成立させた事案(裁判離婚)
3 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
4 40代の男性が、妻から暴言・暴力および借金・浪費を理由として300万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(裁判離婚)
5 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
6 50代の男性が、妻から法外な金額の財産分与を請求されたのに対し、550万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
7 30代の男性が、妻から慰謝料および財産分与として合計400万円の請求を受けたのに対し、合計150万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
8 40代の女性が、夫からの300万円の慰謝料請求に対して、支払額0円で裁判離婚を成立させた事案(裁判離婚)
9 30代の男性が、妻から財産分与として529万円の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
10 20代の女性が、夫が子どもの親権を主張してきたのに対し、離婚訴訟で親権を獲得した事案(裁判離婚)
11 50代の女性が、DV夫と7年間別居状態であったところ、離婚訴訟を提起して判決で裁判離婚を成立させた事案(裁判離婚)