ここでは、八戸シティ法律事務所が解決した事例の一部のうち、性格の不一致による離婚の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 40代の男性が、約3か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
2 40代の男性が、妻から400万円の財産分与を請求されたのに対し、100万円の支払(300万円の減額)に収めた事案(協議離婚)
3 30代の男性が、約3週間で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
4 20代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
5 70代の男性が、妻から約2000万円の預貯金等の財産分与と慰謝料を請求されたのに対し、350万円の支払に収めた事案(調停離婚)
6 40代の男性が、ご依頼から3か月足らずで調停離婚を成立させた事案(調停離婚)
7 40代の男性が、妻から2400万円の財産分与と300万円の慰謝料を請求されたのに対し、合計300万円の支払(2400万円の減額)に収めた事案(調停離婚)
8 30代の女性が、夫から338万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
9 30代の女性が、夫から180万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
10 30代の男性が子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
11 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
12 30代の女性が、住宅ローンの連帯保証人から外れたうえで、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
13 30代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
14 60代の女性が、ご依頼から約40日で離婚の合意に至った事案(協議離婚)
15 20代の女性が、2回目の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
16 40代の女性が、2回目の調停期日(依頼から2か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
17 50代の男性が、妻から財産分与について1000万円を請求されたのに対し、100万円の支払に収めた事案(協議離婚)
18 30代の女性が、2年以上も膠着状態だった離婚問題に決着を付けた事案(調停離婚)
19 30代の男性が、自分だけではうまく進められなかった調停を弁護士への依頼によって成立させた上、養育費の支払額を妻の請求額から大幅に引き下げた事案(調停離婚)
20 30代の男性が、妻から不倫・浮気の慰謝料として500万円を請求されたのに対し、解決金100万円の支払に収めた事案(調停離婚)
21 40代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの養育費等の金銭要求を適正な金額に抑えた事案(協議離婚)
22 30代の男性が、妻から財産分与として529万円の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
23 20代の男性が、妻からの適正額を超える養育費と財産分与の請求を妥当な金額に収め、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
24 20代の女性が、夫に対して離婚の話し合いを切り出すことに不安を感じていたところ、弁護士に依頼することでスムーズに協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
25 40代の男性が、計算上の財産分与の金額が約800万円のところ、400万円の支払に抑える内容で合意した事案(調停離婚)
26 30代の男性が、ご依頼から2か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)
27 40代の男性が、別居中の妻から子どもの監護者指定や、子どもの引渡しを申立てられたのに対し、子どもの引渡しを阻止した上で、調停離婚で子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)