ここでは、八戸シティ法律事務所が解決した事例の一部のうち、親権が問題となった解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 20代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
2 30代の男性が子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
3 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
4 30代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
5 40代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
6 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
7 40代の男性が、元妻から親権者変更の審判などを申し立てられたのに対し、子ども2人の親権者変更を阻止して家族の生活の平穏を守った事案(親権者変更)
8 20代の女性が、夫が子どもの親権を主張してきたのに対し、離婚訴訟で親権を獲得した事案(裁判離婚)
9 30代の男性が、元妻に対して親権者変更の審判などを申し立て、子どもの親権を獲得した事案(親権者変更)
10 40代の男性が、別居中の妻から子どもの監護者指定や、子どもの引渡しを申立てられたのに対し、子どもの引渡しを阻止した上で、調停離婚で子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)