不倫・浮気の被害を理由として離婚や慰謝料を請求する場合には、不倫・浮気の証拠を確保することが非常に重要となります。不倫・浮気の事実を裏付ける証拠には様々なものがありますが、その証拠の具体的な内容によって、証拠の価値が大きく異なります。以下では、不倫・浮気の主な証拠について、ご紹介させていただきます。

主な証拠の種類 証拠の内容 特に価値が
高いもの
メール、SNSなどの通信履歴や日記 肉体関係があったことを推認できる内容
ラブホテルへの出入りや宿泊を伴う旅行、異性と同室でのホテル宿泊、異性宅での外泊があったことを推認できる内容
異性との日常会話
領収書やクレジットカードの利用明細、利用記録 ラブホテルの利用、宿泊を伴う旅行、異性と同室でのホテル宿泊など、肉体関係があったことを推認できるもの
食事に関するものなど、肉体関係があったことの推認が困難なもの
写真、動画 性交渉ないしそれに類する内容のもの
ラブホテルへの出入りや宿泊を伴う旅行、異性と同室でのホテル宿泊、異性宅での外泊があったことを推認できる内容
異性とのツーショット写真
録音データや念書 肉体関係があったことを認めたもの
ラブホテルへの出入りや宿泊を伴う旅行、異性と同室でのホテル宿泊、異性宅での外泊があったことを認めたもの
興信所や調査会社の作成した報告書 ラブホテルへの出入りを示す写真などが付いているもの

同じ証拠であっても、その内容によっては証拠の価値が高いものもあれば、低いものも多くありますので、できるだけ多くの証拠を集めるのが望ましいと言えます。

他方で、これらの証拠の中には、比較的自分で集めやすいものもあれば、探偵や調査会社といった専門業者でないと収集が難しいものもあります。例えば、メール、SNSなどの通信履歴や日記の内容については、肉体関係に関連する記載のある画面・ページを写真に撮っておくことで証拠を確保することができるので、比較的容易に自分で集めることができます。また、相手方が不倫・浮気の事実を認めている場合には、その会話をスマートフォンなどで録音し、あるいは、相手方に念書を書いてもらうことで証拠を集めることができます。一方で、ラブホテルへの出入りを示す写真の撮影などは、長時間見つからずに尾行をする必要があり、撮影のタイミングが難しい場合も多々あるため、一般に探偵や調査会社でないと収集が困難なものと言えます。

不倫・浮気の証拠や収集方法についてご不明のことがありましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

不倫・浮気の被害による離婚についてはこちらもご覧ください

●不倫・浮気の被害による離婚について
●不倫・浮気の証拠と集め方について
●配偶者と不倫・浮気相手の両方に慰謝料請求できるか
●不倫・浮気による慰謝料はいくらくらい請求できるか
●不倫・浮気の被害による離婚や慰謝料請求の手続を進める手順