ここでは、当事務所が解決した事例の一部のうち、依頼者が50代の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 50代の男性が、妻から法外な金額の財産分与を請求されたのに対し、550万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
2 50代の男性が、妻から財産分与について1000万円を請求されたのに対し、100万円の支払に収めた事案(協議離婚)
3 50代の男性が、ご依頼からわずか3か月で、10年間も別居状態にあった妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
4 50代の男性が、離婚後に妻から財産分与を請求されたのに対し、妻が居住する住宅を分与することで金銭の支払額を約16万円に抑えた事案(財産分与請求調停)
5 50代の女性が、保護命令が発令中のDV夫との間で、1か月足らずで協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
6 50代の女性が、DV夫と7年間別居状態であったところ、離婚訴訟を提起して判決で裁判離婚を成立させた事案(裁判離婚)
7 50代の男性が、有責配偶者からの離婚請求であるものの、離婚訴訟を提起して判決によって離婚が認容された事案(裁判離婚)
8 50代の男性が、同居中の妻との離婚を成立させ、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
9 50代の男性が、妻から1000万円の財産分与と500万円の慰謝料の合計1500万円を請求されたのに対し、220万円(財産分与220万円・慰謝料0円)の支払に収めた事案(調停離婚)
10 50代の女性が、裁判により、離婚調停を無視した夫との離婚を成立させた事案(裁判離婚)