弁護士山口龍介

不倫・浮気をしてしまった場合は、慰謝料の金額等に関する示談交渉はもちろんですが、ご自身の家族や職場などに不倫・浮気の事実を知られないようにすることも重要です。そのためには、弁護士に対応を依頼することが最善の方法です。

弁護士に対応を依頼することで、弁護士が相手方に対し、今後は弁護士に連絡するように要求することができます。そのため、不倫・浮気の事実が家族や職場などに知られてしまうリスクを大幅に減らすことができます。

また、相手方から、家族や職場などに不倫・浮気の事実を知らせると脅迫されている場合は、弁護士から相手方に対し、家族や職場などの第三者に不倫・浮気の事実を知らせることのないように警告します。これにより、不倫・浮気の事実が家族や職場などに知られてしまう事態を回避できる可能性が飛躍的に高まります。

また、こちらが弁護士に依頼すると、相手方も弁護士を立ててくる可能性が高くなります。双方に弁護士が付けば、その後は弁護士同士の話し合いとなるため、相手方本人が勝手に動くことができなくなります。そのため、不倫・浮気の事実が家族や職場などに知られてしまう可能性は極めて低くなります。

なお、示談・和解をするときには、家族や職場などの第三者に対し、不倫・浮気の事実を口外しないことを約束する条項を入れることが多いです。

不倫・浮気による慰謝料請求を受けた方はこちらもご覧下さい

●不倫・浮気による慰謝料請求を受けた方へ
●不倫・浮気による慰謝料請求への対応方法
●不倫・浮気による慰謝料請求を受けた場合の反論
●夫婦関係が破綻していたかどうかの判断要素
●不倫・浮気の事実を家族や職場などに知られない方法
●弁護士から電話で慰謝料請求を受けた方へ
●ダブル不倫について