会議室

不倫・浮気による慰謝料を請求する権利は、3年で時効にかかります。すなわち、3年以内に慰謝料請求の権利を行使しなければ、権利を失ってしまうのです。

この3年の時効期間をどの時点からカウントするかについては、不倫・浮気が原因で離婚に至ったかどうかで異なります。

①離婚をしなかった場合

慰謝料請求をする者が、不倫・浮気の事実および不倫・浮気相手を知った時点から、3年のカウントがスタートします。なぜなら、この時点から、慰謝料請求の権利を行使することが可能であるからです。

したがって、不倫・浮気の事実を知ってからなかなか慰謝料請求の訴訟を起こさないでいると、訴訟を提起した時点から3年以上前に不倫・浮気が終了していた場合は、慰謝料の請求は認められません。

また、訴訟を提起した時点で不倫・浮気が継続している場合は、慰謝料を請求することはできますが、訴訟を提起した時点から3年以上前の事実関係については、慰謝料の金額を算定するにあたって、考慮されることはありません。

②離婚をした場合

離婚が成立した時点から、3年のカウントがスタートします。なぜなら、配偶者の不倫・浮気によって離婚をやむなくされ、精神的苦痛を被ったことによる損害は、離婚が成立して初めて評価されるものと考えられているからです。

したがって、離婚が成立したあとでも、3年以内であれば、慰謝料を請求することができるのです。

【ご注意】
八戸シティ法律事務所では、現在、多数のご相談・ご依頼をいただいており、不倫・浮気の問題については、緊急性の高い方を優先してご相談を受け付けています。慰謝料を請求する側で、離婚または別居をしておらず、その予定もないという方につきましては、ご相談をお受けしておりません。あらかじめ、ご了承ください。これに対し、慰謝料を請求する側で、離婚または別居をしており、またはその予定があるという方につきましては、ご相談をお受けいたします。また、慰謝料を請求された側の方につきましては、離婚または別居、あるいはその予定の有無にかかわらず、ご相談をお受けいたします。

不倫・浮気による慰謝料請求をしたい方はこちらもご覧下さい

●不倫・浮気による慰謝料請求をしたいという方へ
●不倫・浮気による慰謝料請求の相手方
●不倫・浮気による慰謝料請求の手続
●不倫・浮気相手から予想される反論とその対策
●不倫・浮気による慰謝料請求の時効
●不倫・浮気による慰謝料の金額