離婚の訴訟を行うための前提

まず、離婚の訴訟を行うためには、法律上、離婚の調停手続をした後でなければできないこととされています。
そのため、離婚の訴訟を行うにあたっては、離婚の調停手続で話し合いがまとまらなかったことが前提となります。

離婚の調停手続は、当事者が、裁判所から委託されている調停委員を介して話し合う手続ですが、離婚の訴訟は、当事者が書面での主張と証拠の提出(主張・立証)をし、裁判官が判断する手続です。

裁判による離婚は、法律上離婚できる要件が定まっていることから、この要件に該当することを中心に主張・立証していきます。

(1)裁判所へ訴え提起

離婚の訴訟を提起するには、当事者である夫または妻の住居地を管轄する家庭裁判所に、訴状を提出し、訴訟を提起することになります。

離婚の訴訟を提起すると、裁判所が、原告(訴訟を提起した人)の都合を確認した上で、第1回の期日を決定します。
期日が決まると、裁判所は、被告(訴訟を提起された人)に、期日呼出状と訴状を送達します。

(2)被告からの反論を記載した答弁書の提出

被告は、期日呼出状と訴状を受け取ったら、原告の主張に対する反論を記載した答弁書を作成し、裁判所に提出しなければなりません。

(3)期日

第1回目の期日では、原告が作成した訴状の陳述と、被告が作成した答弁書の陳述、次回の期日までに準備することの確認をして、次回の期日を決めることになります(通常、次回の期日は、約1か月後になることが多いです。)。
なお、訴状や答弁書について「陳述」すると説明しましたが、実際に書面を読み上げるのではなく、裁判官が「原告は訴状を(被告の場合は答弁書を)陳述でよろしいですね?」と問いかけてくるので、「はい」と答えるだけです。

その後、大体1か月ごとに期日が行われ、審理されていくことになります。審理のおおまかな流れは以下のとおりです。

①争点の整理

当事者の主張する事実を確認し、何が争われていて、何が争われていないのか、事実を整理します。

②原告と被告からの証拠の提出

争いがある点について、当事者のどちらの主張が、事実と合致しているかを判断するために、原告と被告が、それぞれ証拠を提出します。

③それぞれの主張と証拠が出そろうまで①、②を繰り返す

裁判官が、原告の主張する離婚原因が実際に存在するか判断できる程度まで①、②が繰り返し行われることになります。

④証人尋問、本人尋問

必要があれば、証人(離婚原因についての事実を知る第三者)に出廷してもらい、法廷で離婚原因に当たる事実を述べてもらう手続が行われます。
また、原告、被告双方の言い分を、裁判官に直接伝えるための手続として、当事者本人の尋問手続が行われます。
なお、離婚の訴訟はプライバシーにかかわるものであるため、一定の要件を満たせば、証人尋問・本人尋問を非公開で行うことができます。

※裁判所は、原告が、離婚の訴訟において、養育費や財産分与等についての判断も求めている場合、これに関する事実の調査をすることができ、家庭裁判所調査官による事実の調査や、関係機関への照会が行われることがあります。

(4)離婚の訴訟の終結

離婚の訴訟が終結するパターンとしては、以下の3つが挙げられます。

①判決手続による終結

法律上定められている離婚の要件を満たすか否かを裁判所が判断します。
離婚を認める判決が確定すると、法律上、離婚が成立することになります。

②和解による終結

裁判の過程で、当事者が和解に至った場合には、判決によらずに訴訟は終了し、離婚の効果が生じます。
和解により終結する場合、親権者の指定は必ず行われるものの、原告が、養育費や財産分与等についての判断も求めている場合、これについて離婚することと併せて合意する必要はありません。
合意に至っていないものに関しては、引き続き審理・判断されることになります。

③被告の認諾による終結

離婚の訴訟において、親権者の指定の必要がなく、原告が養育費や財産分与等の判断を求めておらず、単に離婚することのみを訴訟で争っている場合に、被告が、原告の主張を全面的に認めたとき(請求の認諾)は、判決によらずに訴訟は終了し、離婚の効果が生じます。

これらのいずれかのパターンで離婚の訴訟が終結した場合、離婚の効果は生じますが、戸籍が自動的に再編されるわけではないので、終結後10日以内に本籍地または住所地の市区町村に離婚届を提出する必要があります。

離婚の訴訟にかかる期間

離婚の訴訟にかかる期間は、争われている事実や、どのような証拠があるかによりますが、早ければ半年程度で終結します。
もっとも、場合によっては、2年から3年ほどかかることもあります。

弁護士にご相談ください

ご自身で離婚の訴訟を進めようと考えられている場合であっても、疑問点や不安な点があれば、一度、離婚問題に精通した弁護士にご相談されることをお勧めします。

Q&A一覧

No ご質問
1 相手方が離婚に応じてくれないと、離婚ができないのですか?
2 法定離婚原因がなければ、離婚ができないのですか?
3 子どもの親権に争いがあります。調停や裁判では、どのようにして子どもの親権が判断されるのでしょうか?
4 養育費の金額は、どのようにして決めるのでしょうか?
5 養育費の金額は、一度決めたら増額や減額はできないのでしょうか?
6 相手方が約束どおりに養育費を支払ってくれません。どうすればよいでしょうか?
7 離婚時に養育費の取り決めをせず、これまでも養育費の請求をしてきませんでしたが、過去の養育費をさかのぼって請求することはできますか?
8 不倫・浮気による慰謝料の相場は、いくらくらいですか?
9 別居後に不倫・浮気の関係が始まった場合でも、慰謝料は発生しますか?
10 不倫・浮気の関係が始まった時点で家庭内別居状態だった場合でも、慰謝料は発生しますか?
11 不倫・浮気をした夫(妻)だけでなく、その不倫・浮気相手にも慰謝料を請求することはできますか?
12 離婚をしたあとでも、慰謝料を請求することはできますか?
13 結婚している間にできた財産はどうなりますか?
14 財産分与の割合は?
15 結婚前から持っていた財産は、財産分与の対象となりますか?
16 相続で得た財産や親からもらった財産は、財産分与の対象となりますか?
17 すでに支払われている退職金は、財産分与の対象となりますか?
18 将来支払われる退職金は、財産分与の対象となりますか?
19 借金は、財産分与の対象となりますか?
20 離婚をしたあとでも、財産分与を請求することはできますか?
21 子どもの親権を相手方に譲った場合、子どもと会えなくなるのでしょうか?
22 子どもとの面会交流は、どのようにして実施しますか?
23 子どもとの面会交流を拒否することはできますか?
24 妻が住んでいる家・マンション(夫が所有)の公共料金、火災保険料、固定資産税、マンションの管理費、修繕積立金、駐車場代を、夫が支払っている場合、婚姻費用の金額に影響しますか?
25 妻が家を出て別居中のケースで、夫が自分の住む家の住宅ローンを支払っているとき、婚姻費用の金額に影響しますか?
26 元夫が再婚したら、もらっている養育費の額に影響しますか?
27 自分が再婚したら、元夫から養育費はもらえなくなりますか?
28 元夫が養育費を支払わないのに、子どもと面会させなければいけませんか?
29 妻が夫所有の自動車に乗っていて、その自動車保険の保険料を夫が支払っている場合、婚姻費用の金額に影響しますか?
30 妻・子どもの生命保険、養老保険、学資保険の保険料を、夫が支払っている場合、婚姻費用の金額に影響しますか?
31 私(妻)の不倫・浮気が相手方(夫)にばれて、別居に至りました。婚姻費用は認められないのでしょうか?
32 妻が子どもの通う私立学校の学費、塾・予備校・習い事の費用を支払っている場合、婚姻費用の金額に影響しますか?
33 私が不倫・浮気をしてしまいましたが、私からの離婚請求は認められますか?
34 子どもと面会させてもらえないのに、養育費は支払わなければいけませんか?
35 夫が子どもの親権者となる場合、妻は養育費の支払義務を負いますか?
36 元妻が再婚し、子どもが再婚相手の男性と養子縁組をした場合でも、元妻は子どもとの面会交流を続けなければなりませんか?(元夫は面会交流を継続することができますか?)
37 子どもと面会交流させてもらえなくてもよいので、養育費の支払を拒否できませんか?
38 養育費を支払ってもらわなくてもよいので、子どもとの面会を拒否できませんか?
39 住宅ローンの残高が住宅の時価額を上回るケースでは、財産分与はどのように判断されますか?
40 離婚をしたいのですが、住宅ローンの連帯債務者、連帯保証人から抜けられますか?
41 離婚前に別居する際の注意点は?
42 配偶者と別居中です。配偶者と同居していた家に自分の印鑑・通帳や仕事道具・制服などの大事な物があります。その家には今も配偶者が居住しているのですが、配偶者に無断で家に入って、自分の物を取り出しても構いませんか?
43 家具や家電の財産分与はどうなりますか?
44 配偶者と別居中ですが、子どもは配偶者と同居しています。子どもの親権が欲しいので、子どもを配偶者のもとから連れてきても構いませんか?
45 配偶者と別居して子どもと生活していたのですが、配偶者が子どもを連れ去ってしまいました。子どもを取り戻すことができますか?
46 配偶者に無断で子どもを連れて家を出て、別居を開始することに問題はありませんか?
47 配偶者が私に無断で子どもを連れて家を出て、別居状態になりました。子どもの親権が欲しいのですが、どうすればよいでしょうか?
48 配偶者と別居中です。子どもは自分と同居しており、配偶者から子どもとの面会交流を求められているのですが、配偶者に子どもを連れ去られるのではないかと心配です。どのようにすればよいのでしょうか?
49 配偶者と同居していた家を出て、別居状態となったのですが、住民票は移すべきですか?
50 家庭裁判所調査官は、どのような調査をしますか?
51 家庭裁判所調査官とは、どのような人ですか?
52 家庭裁判所の調停の手続は、どのような流れで進んでいきますか?
53 家庭裁判所調査官の調査結果(調査報告書)は、裁判官の判断にどのような影響がありますか?
54 調停委員とは、どのような人ですか?
55 家庭裁判所の調停では、弁護士に依頼している場合でも、本人が裁判所へ出席する必要がありますか?
56 家庭裁判所の調停では、相手方(配偶者)と顔を合わせることになりますか?
57 相手方(配偶者)が遠方に住んでいる場合には、どこの家庭裁判所で調停手続が行われますか?
58 離婚の訴訟の手続では、弁護士に依頼している場合でも、本人が裁判所に出席する必要がありますか。
59 相手方(配偶者)が遠方に住んでいる場合には、どこの家庭裁判所で離婚の訴訟の手続が行われますか?
60 親権者を変更するためには、どのような手続が必要ですか?
61 離婚の訴訟の手続は、どのような流れで進んでいきますか?
62 親権者の変更は、どのような場合に認められますか?