事案内容:養育費
依頼者:20代の女性(会社員)
相手方:30代の男性(会社員)
結婚歴:―
子ども:1人

1 夫婦の状況

依頼者は、元夫が申し立てた離婚調停において、子どもの親権者を依頼者とし、元夫は養育費として月額20万円を支払うとの内容で合意して、離婚しました。この月額20万円という金額は、裁判所が作成している養育費の「算定表」から計算される金額の2倍の額でしたが、元夫の方から、子どもと依頼者の離婚後の生活を考えてとのことで、提案してきたものでした。

その後、離婚から1年ほど経った時、突然、元夫から養育費減額の調停が申し立てられました。

2 相談・依頼のきっかけ

元夫は、弁護士を立てて、調停を申し立てていました。そのため、依頼者は、自分だけで対応するのは難しいと感じ、自分も弁護士に依頼して対応したいとのことで、ご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

調停において、元夫側は、「算定表」に従って養育費を月額10万円に減額すべきだと主張してきました。そして、減額を求める理由として、離婚後に元夫の収入が減ったこと、依頼者が就職したこと、調停で合意された金額が相場の2倍であり、このまま支払いを続けると元夫の生活が成り立たなくなること、今後収入がさらに減少する可能性があることや、逆に支出が増大する可能性があることなど、様々な主張をしてきました。これに対して、当事務所の弁護士は、離婚後の双方の生活状況を踏まえても、減額が認められる理由は一切ないことを主張しました。

結局、調停での話し合いでは決着がつかず、審判手続(最終的に裁判官が判断を下す手続)に移行しました。審判手続においても、当事務所の弁護士は、元夫側の主張に対して一つ一つ反論して、元夫側の主張を裏付けるような客観的な証拠がないことや、元夫側が提出した証拠の内容のおかしい点なども一つ一つ丁寧に指摘して、減額が認められる理由は一切ないことを主張しました。

4 当事務所が関与した結果

その結果、審判では、元夫の申立てを退ける判断が出ました。元夫は、この審判に対して即時抗告(高等裁判所への不服の申立て)をしましたが、これも退けられました。これにより、養育費の減額はされずに、無事解決することができました。

5 解決のポイント

わずかな収入の減少があったとか、将来的に収入が減少する可能性があるというくらいでは、いったん合意した養育費を減額すべきではないと考えられています。子どもの生活の安定を考えれば当然のことといえます。

詳しく言えば、実務では、いったん合意した養育費を減額する場合には、合意した当時には考えられなかったような事情の変更があり、かつ、その事情の変更が重大であるために合意した金額をこのまま維持することが困難な状況にあることが必要であると考えられています(例えば、突然リストラされて、再就職したが収入が大幅に減少した場合など)。また、将来的な事情が減額の理由として認められるのは、その事情の生じることが確実であって、しかも確実であることが客観的な証拠によって示されているというような限定的な場合に限られると考えられています。

このような実務を踏まえて、当事務所の弁護士は、元夫側の主張や、元夫側が提出した証拠に対して、一つ一つ丁寧に反論していきました。その結果、減額が認められるべき理由はないという裁判所の判断を得ることができました。依頼者は、お子さんとの生活がどうなってしまうのか大変心配しておられましたので、減額なしで無事に解決でき、ご安心いただけたことが何よりです。

6 お客様の声

離婚して1年程での養育費減額の申し立てを相手からされて、とても不安だったが山口先生が親身になって話を聞いてくれ落ち着いてすごすことができた。結果も大変満足いくものだった。また何かあればここを頼ろうと思える法律事務所だった。

アンケート36
※クリックすると拡大されます。

八戸シティ法律事務所の解決事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 40代の男性が、約3か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
2 40代の男性が、妻から400万円の財産分与を請求されたのに対し、100万円の支払(300万円の減額)に収めた事案(協議離婚)
3 20代の男性が、不倫・浮気をした妻と、不倫・浮気相手の男から、合計240万円の慰謝料を獲得した事案(協議離婚)
4 不倫・浮気をした20代の女性が、夫から慰謝料だけで500万円を請求されたのに対し、財産分与を含めて合計250万円の支払に収めた事案(協議離婚)
5 30代の男性が、約3週間で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
6 20代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
7 70代の男性が、妻から約2000万円の預貯金等の財産分与と慰謝料を請求されたのに対し、350万円の支払に収めた事案(調停離婚)
8 40代の男性が、ご依頼から3か月足らずで調停離婚を成立させた事案(調停離婚)
9 30代の男性が、妻から130万円の財産分与を請求されたのに対し、20万円の支払に収めた事案(調停離婚)
10 30代の女性が、夫から不倫・浮気を疑われて100万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(調停離婚)
11 40代の男性が、妻から2400万円の財産分与と300万円の慰謝料を請求されたのに対し、合計300万円の支払(2400万円の減額)に収めた事案(調停離婚)
12 30代の女性が、異常行為を繰り返す夫と離婚した事案(調停離婚)
13 30代の女性が、夫から338万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
14 30代の女性が、夫から180万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
15 30代の男性が子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
16 20代の男性が裁判で離婚を成立させた事案(裁判離婚)
17 20代の男性が離婚後に養育費の取り決めを成立させた事案
18 30代の男性が、2回の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
19 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
20 30代の男性が、養育費減額調停を成立させた事案(養育費減額調停)
21 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫から300万円の慰謝料を請求されたのに対し、150万円の支払(150万円の減額)に収め、分割払いの合意をした事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
22 不倫・浮気をした30代の男性が、不倫・浮気相手の夫から500万円の慰謝料を請求されたのに対し、100万円の支払(400万円の減額)に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
23 不倫・浮気をした30代の男性が、不倫・浮気相手の夫との間で、今後は一切、不倫・浮気相手と連絡を取り合わないことを条件に、慰謝料の支払をゼロに収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
24 不倫・浮気をされた30代の男性が、複数の不倫・浮気相手から、合計515万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
25 30代の女性が、夫から583万円に相当する財産分与を獲得した事案(調停離婚)
26 30代の女性が、住宅ローンの連帯保証人から外れたうえで、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
27 30代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
28 30代の女性が、2回目の調停期日(依頼から4か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
29 40代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
30 40代の男性が、養育費減額調停で養育費を月額4万円から月額1万8000円に減額した事案(養育費減額調停)
31 60代の女性が、ご依頼から約40日で離婚の合意に至った事案(協議離婚)
32 40代の男性が、妻から暴言・暴力および借金・浪費を理由として300万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(裁判離婚)
33 30代の男性が、妻から慰謝料150万円を請求されたのに対し、慰謝料なしで離婚を成立させた事案(調停離婚)
34 60代の女性が、1か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
35 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
36 20代の女性が、元夫が申し立てた養育費減額調停・審判で、減額なしに収めた事案(養育費減額調停・審判)
37 30代の女性が、不倫・浮気をした夫と相手の女性から合計200万円の慰謝料を獲得した事案(協議離婚)
38 20代の女性が、暴力を振るった夫から200万円の慰謝料を獲得した事案(調停離婚)
39 60代の男性が、財産分与などで多額の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(調停離婚)
40 20代の女性が、2回目の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
41 40代の女性が、2回目の調停期日(依頼から2か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
42 30代の女性が、ご依頼から3か月で離婚を成立させた事案(協議離婚)
43 30代の女性が、子どもとの面会交流の取り決めをするなどして離婚を成立させた事案(調停離婚)
44 50代の男性が、妻から法外な金額の財産分与を請求されたのに対し、550万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
45 不倫・浮気をした20代の女性が、不倫・浮気相手の妻から200万円の慰謝料を請求されたのに対し、80万円の支払(120万円の減額)に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
46 20代の女性が、1回目の調停期日で希望金額での養育費請求調停を成立させた事案(養育費請求調停)
47 50代の男性が、妻から財産分与について1000万円を請求されたのに対し、100万円の支払に収めた事案(協議離婚)
48 20代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計200万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
49 50代の男性が、ご依頼からわずか3か月で、10年間も別居状態にあった妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
50 30代の男性が、妻から慰謝料および財産分与として合計400万円の請求を受けたのに対し、合計150万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
51 20代の男性が、2回目の調停期日で妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
52 30代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計500万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
53 30代の男性が、6年以上も別居していた妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
54 30代の男性が、妻からの金銭要求額に対して約900万円を減額し、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
55 30代の女性が、2年以上も膠着状態だった離婚問題に決着を付けた事案(調停離婚)
56 40代の女性が、夫からの300万円の慰謝料請求に対して、支払額0円で裁判離婚を成立させた事案(裁判離婚)
57 30代の女性が、不倫・浮気をした夫から、合計220万円の慰謝料を支払わせる条件で解決した事案(調停離婚)
58 50代の男性が、離婚後に妻から財産分与を請求されたのに対し、妻が居住する住宅を分与することで金銭の支払額を約16万円に抑えた事案(財産分与請求調停)
59 30代の男性が、自分だけではうまく進められなかった調停を弁護士への依頼によって成立させた上、養育費の支払額を妻の請求額から大幅に引き下げた事案(調停離婚)
60 30代の男性が、妻から不倫・浮気の慰謝料として500万円を請求されたのに対し、解決金100万円の支払に収めた事案(調停離婚)
61 40代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの養育費等の金銭要求を適正な金額に抑えた事案(協議離婚)
62 30代の男性が、子どもの親権を妻に譲ったものの、妻からの300万円余りの金銭請求(慰謝料および財産分与)に対し、40万円の解決金(260万円以上の減額)の支払に収めた事案(調停離婚)
63 40代の男性が、子らに対して虐待をしていた元妻の申し立てた面会交流調停で、面会交流を実施しないことで解決した事案(面会交流調停)
64 30代の男性が、妻から財産分与として529万円の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
65 50代の女性が、保護命令が発令中のDV夫との間で、1か月足らずで協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
66 30代の女性が、不倫・浮気をした夫から200万円の慰謝料を獲得し、ご依頼から4か月で離婚を成立させた事案(調停離婚)
67 20代の男性が、妻からの適正額を超える養育費と財産分与の請求を妥当な金額に収め、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
68 40代の男性が、元妻から親権者変更の審判などを申し立てられたのに対し、子ども2人の親権者変更を阻止して家族の生活の平穏を守った事案(親権者変更)
69 20代の女性が、夫に対して離婚の話し合いを切り出すことに不安を感じていたところ、弁護士に依頼することでスムーズに協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
70 20代の女性が、出産前の時期から弁護士にご相談・ご依頼いただくことで、出産した月からの分の養育費の支払を受けたうえ、将来の養育費の支払について取り決めた事案(養育費請求調停)
71 20代の女性が、夫が子どもの親権を主張してきたのに対し、離婚訴訟で親権を獲得した事案(裁判離婚)
72 40代の男性が、約10年間も別居状態の離婚問題に決着を付けた事案(離婚調停)