事案内容:不倫・浮気をされた
依頼者:30代の男性(会社員)
不倫・浮気相手:30代の男性ら(会社員)

1 不倫・浮気の状況

依頼者は、妻の男性関係を疑い、問い詰めたところ、妻が複数の男性と不倫・浮気をして、肉体関係を持っていたことが発覚しました。そして、その男性らはいずれも、依頼者の妻が結婚していることを知りながら、肉体関係を持っていました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、不倫・浮気相手の男性らに対し、慰謝料を請求することを強く希望し、当事務所にご相談いただきました。そして、不倫・浮気相手の男性らに対する慰謝料請求の示談交渉をご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士が介入すると、不倫・浮気相手の男性らのうち1名は、不倫・浮気の事実を否定しました。また、その他のすべての男性が、不倫・浮気の事実は認めたものの、慰謝料の支払について、月額1万円程度での分割払いを希望してきました。

当事務所の弁護士は、不倫・浮気の事実を否定した男性に対しては、証拠を示したうえで、断固として依頼者の精神的苦痛に対する慰謝料を請求することを主張しました。すると、この男性は、すぐに弁護士を立てて、不倫・浮気の事実を認めたうえで、慰謝料の一括払いでの示談を申し出てきました。

また、当事務所の弁護士は、分割払いを希望してきた男性らに対し、依頼者のご意向にしたがって、あくまで一括払いでないと応じられないと強く主張し、粘り強く交渉しました。

4 当事務所が関与した結果

交渉の結果、不倫・浮気相手の男性らから、合計515万円の慰謝料を支払わせることで決着しました。そして、1名を除き、残りの全員は一括払いでの示談をすることに成功しました。

5 解決のポイント(所感)

不倫・浮気による慰謝料請求をした場合、不倫・浮気相手が不倫・浮気の事実を否定することはよくあります。それに備えて、本件のように、事前に証拠をしっかり確保したうえで、交渉にあたることがポイントとなります。

また、不倫・浮気の事実を認め、慰謝料の支払には応じるものの、分割払いを希望するという者も少なくありません。本件では、一括払いが可能かどうか、相手方の資力状況・生活状況を把握したうえで、粘り強く交渉することによって、1名を除き、残り全員は一括払いでの示談を勝ち取りました。

6 お客様の声

大変お世話になりました。非常に適切な対応に感謝しております。また何かお世話になることがありましたら、宜しくお願い致します。

アンケート24
※クリックすると拡大されます。