事案内容:不倫・浮気をした
依頼者:30代の男性(会社員)
不倫・浮気相手:会社員の女性

1 不倫・浮気の状況

依頼者は、同じ職場で働く不倫・浮気相手と仕事を通じて親しくなり、夫がいることを知りながら、1年余りの間、肉体関係を続けました。

2 相談・依頼のきっかけ

不倫・浮気の事実が不倫・浮気相手の夫の知るところとなり、依頼者は、不倫・浮気相手の夫から、不倫・浮気の事実を認めて謝罪することや、この件についての話し合いの場を設けることを持ち掛けられ、自分ではどうしたらいいのかわからずに、いつまた電話が来るのかと怯える日々を過ごし、精神的に参ってしまいました。そこで、弁護士を間に入れて対応したいとのことで、ご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、直ちに不倫・浮気相手の夫に対し、今後は弁護士がすべての窓口となって対応するので、依頼者本人はもちろん、職場・親族などの関係者に対し、連絡することを禁止するという内容の手紙を送付しました。これにより、依頼者側の一切の対応窓口は弁護士となり、示談交渉が始まりました。

当事務所の弁護士から、不倫・浮気相手の夫に対し、この件の解決として何を一番重視しているのかを尋ねたところ、「妻と今後一切接触しないこと」、「反省して謝罪すること」との回答でした。

そこで、当事務所の弁護士は、依頼者のご意向に従って、できる限り不倫・浮気相手の夫の怒りを鎮めたうえで、実際の慰謝料の支払をなくするとの方針で、①依頼者は今後一切、不倫・浮気相手と連絡を取り合わないという約束をすること、②もしこの約束を破った場合は、慰謝料を支払うこと、③謝罪文を提出することを内容とする示談を提案しました。

4 当事務所が関与した結果

交渉の結果、依頼者が謝罪文を提出したうえで、①依頼者は今後一切、不倫・浮気相手と連絡を取り合わないこと、②もしこれを破って連絡を取り合った場合は、慰謝料200万円を支払うという内容の示談を成立させました。実際の慰謝料の支払はゼロということでの解決に成功したのです。

5 解決のポイント(所感)

依頼者は、不倫・浮気相手の夫から電話が来るかもしれないと怯える日々がいつまで続くのか、一体どんな請求をされるのか、どうすればこの件を終わらせることができるのかと、大変不安な気持ちを抱いて過ごしておられましたが、依頼を受けてから約1か月で解決することができ、ご安心・ご満足されていました。