事案内容:養育費
依頼者:20代の男性(会社員)
相手方:20代の女性
結婚歴:―
子ども:1人

1 夫婦の状況

依頼者は、離婚時に子どもの親権者となった元妻との口約束で養育費を決めていましたが、元妻との関係が悪化し、連絡が途絶えたため、養育費の支払と子どもとの面会交流ができなくなっていました。

2 相談・依頼のきっかけ

連絡が途絶えていた元妻から依頼者に「養育費のことで話がしたい」という連絡があったところ、弁護士を立てて冷静な話し合いがしたいとのことで、ご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、元妻に対し、養育費と子どもとの面会交流の取り決めをするための交渉をしました。元妻は当初弁護士による話し合いを拒否するなどしてきましたが、当事務所の弁護士は粘り強く交渉し、取り決めの内容を詰めていきました。

4 当事務所が関与した結果

養育費を相場どおりの月額3万円とし、月に1回子どもとの面会交流を認める内容での合意に至りました。依頼者のご希望どおりの解決を図ることに成功しました。

5 解決のポイント(所感)

離婚時に決めた養育費の支払や子どもとの面会交流が、取り決めどおりに行われなくなるという離婚後のトラブルは少なくありません。こうした離婚後のトラブルで犠牲になるのは子どもです。依頼者も子どものことが心配で心を痛めておられましたが、無事に解決できたことでご安心いただけたようでした。

6 お客様の声

アンケート17
※クリックすると拡大されます。