配偶者に弁護士が付き、弁護士から連絡が来てお困りの方はいらっしゃいませんか?

弁護士は、法的知識や交渉・手続の進め方について熟知しています。ご自身で配偶者が立てた弁護士と交渉しようとすることは、圧倒的な力量と情報の格差があるため、非常に危険なことであると言えます。配偶者が立てた弁護士のペースで話し合いが進められ、不利な離婚条件を不利と分からないままに押し付けられてしまうケースも少なくありません。

配偶者が弁護士に依頼したということは、弁護士の力を借りて有利な条件で解決したいと考えている可能性が高いです。配偶者に弁護士が付いたのであれば、まずはご自身も速やかに弁護士にご相談いただくのがよいでしょう。そして、配偶者が立てた弁護士と対等な話し合いをしていくためには、ご自身も離婚問題について十分な知識と経験を有する弁護士にご依頼いただくことをお勧めいたします。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、離婚問題に関するご相談・ご依頼を多数お受けして参りました。そして、配偶者に弁護士が付いた事案についても、適切な解決に導いてきた実績が豊富にございます。配偶者が弁護士を立ててきた場合には、お早めに八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。