• HOME
  • 当事務所の解決事例
  • 20代の女性が、暴力を振るった夫から200万円の慰謝料を獲得した事案(調停離婚)

解決事例38


20代の女性が、暴力を振るった夫から200万円の慰謝料を獲得した事案(調停離婚)

事案内容:慰謝料
依頼者:20代の女性(主婦)
相手方:20代の男性(会社員)
結婚歴:1年半
子ども:1人


1 夫婦の状況

依頼者は、夫が暴力を振るう(DV)ということが繰り返されたため、離婚を決意し、家を出て別居に至りました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、「自分で調停を申し立てたが、夫が親権を争ってくる恐れもあり、どのように進めていけばよいか不安なので、弁護士を立てて対応したい」、「養育費や慰謝料などを、きちんと取り決めしたい」とのことで、ご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

調停では、夫は弁護士を立てて、子どもの親権・養育費に関して、自分の子どもであるか確信が持てない、自分の子どもであるかどうかが判明しない限り、親権・養育費の話も進められないなどと主張してきました。そして、夫は、嫡出否認調停(夫から、自分の子であることの否認を求める手続)を申し立ててきました。

4 当事務所が関与した結果

嫡出否認調停では、夫の強い要望によりDNA鑑定が実施されました。その結果、当然のことながら、依頼者と夫の子どもであるとの鑑定が出て、夫はこの調停を取り下げました。

離婚調停では、夫は、DVの事実は認めたものの、慰謝料として100万円に満たない金額を提示してきました。これに対して、当事務所の弁護士は、親権・養育費の主張ともに、DVの期間・回数やケガの程度を裏付ける証拠を提出し、100万円に満たない慰謝料金額は余りに低額であることを主張しました。さらには、DNA鑑定まで実施させたことは依頼者に重ねて精神的苦痛を与えるものであるとして、きちんとした慰謝料を支払うよう強く主張しました。その結果、親権者を依頼者とし、夫は依頼者に対して算定表に基づいた養育費を支払うこと、慰謝料として200万円を支払うことで調停が成立しました。


5 解決のポイント(所感)

DVによる肉体的・精神的苦痛に対して、きちんとした慰謝料の支払を求める場合には、相手方がDVを否定しているときはもちろんのこと、認めているときであっても、証拠は重要となります。DVの態様、期間・回数、ケガの程度などについて、相手方が過小に述べている場合には、きちんと証拠に基づいて反論していく必要が出てくるのです。証拠としては、暴力を振るわれてケガをしたときの診断書、ケガ(あざ)の写真、DVを受けた日時・場所・具体的な様子などを書いた日記やメモなどが考えられます。本件では、DVの期間・回数、ケガの程度を証明するのに十分な証拠があり、依頼者の受けた苦痛に対して、きちんとした慰謝料金額を支払わせることができました。

6 お客様の声

最初から最後までとてもスムーズで、全てにおいて不安なく終えることができました。とても心強かったです。また何かあった時はお願いしたいと思いました。   解決事例40 離婚 アンケート 切り取り.PNG
※クリックすると拡大されます。

八戸シティ法律事務所の解決事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 40代の男性が、約3か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
2 40代の男性が、妻から400万円の財産分与を請求されたのに対し、100万円の支払(300万円の減額)に収めた事案(協議離婚)
3 20代の男性が、不倫・浮気をした妻と、不倫・浮気相手の男から、合計240万円の慰謝料を獲得した事案(協議離婚)
4 不倫・浮気をした20代の女性が、夫から慰謝料だけで500万円を請求されたのに対し、財産分与を含めて合計250万円の支払に収めた事案(協議離婚)
5 30代の男性が、約3週間で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
6 20代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(調停離婚)
7 70代の男性が、妻から約2000万円の預貯金等の財産分与と慰謝料を請求されたのに対し、350万円の支払に収めた事案(調停離婚)
8 40代の男性が、ご依頼から3か月足らずで調停離婚を成立させた事案(調停離婚)
9 30代の男性が、妻から130万円の財産分与を請求されたのに対し、20万円の支払に収めた事案(調停離婚)
10 30代の女性が、夫から不倫・浮気を疑われて100万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(調停離婚)
11 40代の男性が、妻から2400万円の財産分与と300万円の慰謝料を請求されたのに対し、合計300万円の支払(2400万円の減額)に収めた事案(調停離婚)
12 30代の女性が、異常行為を繰り返す夫と離婚した事案(調停離婚)
13 30代の女性が、夫から338万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
14 30代の女性が、夫から180万円の財産分与を獲得した事案(調停離婚)
15 30代の男性が子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
16 20代の男性が裁判で離婚を成立させた事案(裁判離婚)
17 20代の男性が離婚後に養育費の取り決めを成立させた事案
18 30代の男性が、2回の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
19 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
20 30代の男性が、養育費減額調停を成立させた事案(養育費減額調停)
21 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫から300万円の慰謝料を請求されたのに対し、150万円の支払(150万円の減額)に収め、分割払いの合意をした事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
22 不倫・浮気をした30代の男性が、不倫・浮気相手の夫から500万円の慰謝料を請求されたのに対し、100万円の支払(400万円の減額)に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
23 不倫・浮気をした30代の男性が、不倫・浮気相手の夫との間で、今後は一切、不倫・浮気相手と連絡を取り合わないことを条件に、慰謝料の支払をゼロに収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
24 不倫・浮気をされた30代の男性が、複数の不倫・浮気相手から、合計515万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
25 30代の女性が、夫から583万円に相当する財産分与を獲得した事案(調停離婚)
26 30代の女性が、住宅ローンの連帯保証人から外れたうえで、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
27 30代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
28 30代の女性が、2回目の調停期日(依頼から4か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
29 40代の女性が、協議離婚で子どもの親権を獲得した事案(協議離婚)
30 40代の男性が、養育費減額調停で養育費を月額4万円から月額1万8000円に減額した事案(養育費減額調停)
31 60代の女性が、ご依頼から約40日で離婚の合意に至った事案(協議離婚)
32 40代の男性が、妻から暴言・暴力および借金・浪費を理由として300万円の慰謝料を請求されたのに対し、慰謝料なしに収めた事案(裁判離婚)
33 30代の男性が、妻から慰謝料150万円を請求されたのに対し、慰謝料なしで離婚を成立させた事案(調停離婚)
34 60代の女性が、1か月で協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
35 30代の女性が、子どもの親権を獲得した事案(裁判離婚)
36 20代の女性が、元夫が申し立てた養育費減額調停・審判で、減額なしに収めた事案(養育費減額調停・審判)
37 30代の女性が、不倫・浮気をした夫と相手の女性から合計200万円の慰謝料を獲得した事案(協議離婚)
38 20代の女性が、暴力を振るった夫から200万円の慰謝料を獲得した事案(調停離婚)
39 60代の男性が、財産分与などで多額の請求を受けたのに対し、200万円の支払に収めた事案(調停離婚)
40 20代の女性が、2回目の調停期日で離婚を成立させた事案(調停離婚)
41 40代の女性が、2回目の調停期日(依頼から2か月)で離婚を成立させた事案(調停離婚)
42 30代の女性が、ご依頼から3か月で離婚を成立させた事案(協議離婚)
43 30代の女性が、子どもとの面会交流の取り決めをするなどして離婚を成立させた事案(調停離婚)
44 50代の男性が、妻から法外な金額の財産分与を請求されたのに対し、550万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
45 不倫・浮気をした20代の女性が、不倫・浮気相手の妻から200万円の慰謝料を請求されたのに対し、80万円の支払(120万円の減額)に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
46 20代の女性が、1回目の調停期日で希望金額での養育費請求調停を成立させた事案(養育費請求調停)
47 50代の男性が、妻から財産分与について1000万円を請求されたのに対し、100万円の支払に収めた事案(協議離婚)
48 20代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計200万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
49 50代の男性が、ご依頼からわずか3か月で、10年間も別居状態にあった妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
50 30代の男性が、妻から慰謝料および財産分与として合計400万円の請求を受けたのに対し、合計150万円の支払に収めた事案(裁判離婚)
51 20代の男性が、2回目の調停期日で妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
52 30代の女性が、不倫・浮気をした夫と不倫・浮気相手から、合計500万円の慰謝料を支払わせる合意をした事案(調停離婚)
53 30代の男性が、6年以上も別居していた妻との離婚を成立させた事案(調停離婚)
54 30代の男性が、妻からの金銭要求額に対して約900万円を減額し、協議離婚を成立させた事案(協議離婚)
55 30代の女性が、2年以上も膠着状態だった離婚問題に決着を付けた事案(調停離婚)
56 40代の女性が、夫からの300万円の慰謝料請求に対して、支払額0円で裁判離婚を成立させた事案(裁判離婚)
57 30代の女性が、不倫・浮気をした夫から、合計220万円の慰謝料を支払わせる条件で解決した事案(調停離婚)

些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にご相談下さい。

ImgTop4_6.jpg

離婚問題でお悩みの方はこちらもあわせてご覧下さい

●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介
●当事務所の解決事例 ●弁護士費用 ●アクセス

八戸の弁護士による離婚相談
事務所名 八戸シティ法律事務所
〒031-0042
青森県八戸市十三日町1 ヴィアノヴァ6階
電話番号 0120-146-111
携帯電話・PHSからも通話料無料

離婚相談のご予約

Copyright (C) 2014 八戸シティ法律事務所 All Rights Reserved.